語学

37歳からの中国語学習

また今年も年が明けた。
去年の今頃はやはり中国語を習得したくて、スパルタスクールのPresenceに通った。
1か月のコースだったが、中国語学習以外の諸々が忙しく、結局ほとんど効果的に学習しないままコース期間の1月が終了した。
元々僕は杉村太郎氏が好きで、英語コースも学生時代に通ったことがあるが、そのメソッドは特に斬新なものでもない。
結局語学とは1日の中で時間を作り継続的に学習する以外に道はないのだと実感して1か月が終わった。

5月にはHSK 3級も申し込んでいたが、まったく勉強していなかったので結局受験放棄をした。
このままではまずいと思い10月16日からCCレッスンで毎朝SKYPE中国語を受け始めた。

朝にSKYPEで語学の勉強するのはよい。なぜならば
1) 起きると同時に授業が始まる。「今日はやる気にならないから」と言い訳する余地を排除することが出来る。
2) やりたくないけどやったほうが良いことを朝1番に終えるとすがすがしい。自己肯定感も高まる。
3) 強制的に30分勉強することで少しずつでも前に進んでいける。ラジオやテキストと違い、カメラの前には先生がいるので多少のプレッシャーにはなる。

上記のようなSkypeをベースとした中国語学習を毎日30分続けることで、HSK4級(TOEICで600ぐらいらしい)に中年男性が受かるかを私が実験してみようかと思う。
以後定期的に中国語学習ブログを更新していこう。

関連記事

  1. 語学

    英語は英米の発音を模範にすべき

    脳科学者の茂木健一郎さんが1月10日、オフィシャルブログで「ネイティ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

  1. 家族と自分

    自分へのルール (2018年9月バーション)
  2. スタートアップ

    なぜ保育・育児問題に興味を持ったか
  3. スタートアップ

    FIIKAは地域SNSを志向しない
  4. 家族と自分

    自己紹介
  5. スタートアップ

    育児のルールを変えよう
PAGE TOP