スタートアップ

ママの友達と友達がママ

ママの友達 (ママ友) と 友達が(偶然)ママ。
この隔たりは大きい。

ママの友達は、子供を媒介としたママのつながりだ。友達というより知り合い。
友達がママは、気の合う友達が偶然にもママだったということ。例えば高校の友人がママになったなど。

俗にいうママ友は前者の子供を通じたママの友達を指す。ただ信頼関係を構築するためには、友達がママというように主従関係を逆転せねばならない。

テクノロジーがこれを可能にするというのが今時点での僕の仮説だ。

関連記事

  1. スタートアップ

    なぜ保育・育児問題に興味を持ったか

    大学生ぐらいのときから国家間の数字の比較をすることが好きだった。朝まで…

  2. スタートアップ

    人に頼るコストをいかに下げるか

    人に頼るコストは心理的に高い。多くの場合 人に頼る心理的コスト > …

  3. スタートアップ

    スタートアップカテゴリ追加

    このBlogの目的は誰かに何かを伝えたいというよりは、自分の日々の生…

  4. スタートアップ

    2つの人材不足の形態

    少子高齢化が進むにつれて、業界によっては人材不足が著しい。例えば僕…

  5. スタートアップ

    9割のママは孤独を感じている

    今日はTokyo Startup Hub Tokyoで行われた「孤独を…

  6. スタートアップ

    タイムバンクという新しい育児のあり方

    この記事では私が考える「育児 x タイムバンク」について記載します。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

  1. 家族と自分

    君は何のために働くのか
  2. 家族と自分

    自分へのルール (2018年9月バーション)
  3. スタートアップ

    タイムバンクという新しい育児のあり方
  4. スタートアップ

    FIIKAは地域SNSを志向しない
  5. スタートアップ

    9割のママは孤独を感じている
PAGE TOP