スタートアップ

ママの友達と友達がママ

ママの友達 (ママ友) と 友達が(偶然)ママ。
この隔たりは大きい。

ママの友達は、子供を媒介としたママのつながりだ。友達というより知り合い。
友達がママは、気の合う友達が偶然にもママだったということ。例えば高校の友人がママになったなど。

俗にいうママ友は前者の子供を通じたママの友達を指す。ただ信頼関係を構築するためには、友達がママというように主従関係を逆転せねばならない。

テクノロジーがこれを可能にするというのが今時点での僕の仮説だ。

関連記事

  1. スタートアップ

    人に頼るコストをいかに下げるか

    人に頼るコストは心理的に高い。多くの場合 人に頼る心理的コスト > …

  2. スタートアップ

    プログラミング再び

    大企業を辞めてスタートアップを始めると自分でやらなくてはいけないこと…

  3. スタートアップ

    ルソーの一般意思を育児領域に実装するということ

    筆者はこれから夢を語ろうと思う。それは未来社会についての夢だ。わた…

  4. スタートアップ

    「助け合い」を強調しないビジネスモデル

    僕がFIIKAでこだわっていることの1つに「助け合い」を強調しないと…

  5. スタートアップ

    FIIKAは地域SNSを志向しない

    僕は地域SNSは流行らないと思っている。ただ現在開発中のFIIKAの…

  6. スタートアップ

    タイムバンクという新しい育児のあり方

    この記事では私が考える「育児 x タイムバンク」について記載します。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

  1. スタートアップ

    ルソーの一般意思を育児領域に実装するということ
  2. スタートアップ

    FIIKAは地域SNSを志向しない
  3. スタートアップ

    9割のママは孤独を感じている
  4. スタートアップ

    育児のルールを変えよう
  5. スタートアップ

    タイムバンクという新しい育児のあり方
PAGE TOP