家族と自分

自己紹介

初めまして、れい(@ray_moriya)です。
Blog1記事目ということでざっと自己紹介をさせていただきます!

自己紹介

■名前:もりや れい
■名前の由来:常にゼロ(零)歳児のように言い訳をせずに何でもチャレンジをしようという思いから。会社もFBもれいで通っています。
■職歴:ソフトウェア開発、経営コンサルティング、オペレーション管理を経て現在スタートアップでIoT開発管理をしています。
■学位:MBA (オックスフォード大学)、基盤情報科学修士(東京大学)、電気電子工学学士(東京農工大学)
■言語:英語 (英検1級、TOEIC970、IELTS 7.5)。中国語を細く勉強中。
■好きなこと:ビジョンを語ること、周囲が働きやすいプロセス・環境を整えること、分析して意味合いを抽出すること
■夢:集合知を活用したプラットフォームで、1+1=10を作りたい。
■幼少期の夢:政治家と詩人
■影響を受けた人物:三木谷浩史さん、杉村太郎さん、堀義人さん
■影響を受けた本:『一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル 著:東浩紀』、『資本主義と自由 著:ミルトン・フリードマン』、『失敗の本質 著:戸部良一 他』
■影響を受けた出来事:ホリエモンと三木谷さんによるプロ野球再編問題 (2004)、Social mediaを使って独裁政権を倒したジャスミン革命(2011)
■家族:常に優しい言葉で僕の進捗を管理してくれる妻と、2018年3月生まれの愛くるしい娘

Blogのタイトル

Rayonisimというタイトルは、自分のニックネームであるRay(ゼロ) と ism(主義)を組み合わせて命名しました。

Rayを英語ネームのように使っていますが、私はこれは日本語の名前としても使っています。Rayは零、つまり日本語でのゼロという意味から来ています。

生まれたばかりの赤ん坊は誰一人、言い訳などしません。当間ですが、全ては初めてなのだから言い訳などそもそもすることが出来ません。それが大人になって、いろいろなことを経験を積んで、昔に誰かが決めた社会のルールがわかってきて、自分に対する外的ラベルが増えてくると、言い訳を始めます。
「自分はもう年だから」
「日本人だから」
「男だから」
「今の安定したステータスを捨てて今更こんなことできないよ」

僕は上のような言い訳をしてきました。でもゼロ歳児だった頃の僕はそんな言い訳はしていません。全てのことが初めてで、全てのことが興味の対象でした。とりあえずやってみる。痛かったら泣くし、嬉しかったら喜ぶ。失敗してもまた挑戦する。その結果、半年でハイハイできるようになり、1年で歩けるようになり、1年半で喋れるようになりました。それは僕だけではなく、誰にでも当てはまることでしょう。

その時の自分を、その時の姿勢を、いつまでも、忘れないようにありたい。そんな思いから留学前に、自分のメアドやFB、会社におけるニックネームすらをすべて “Ray(れい)” に変えました。そんな自分の哲学を表す言葉として、ブログのタイトルを”Rayonism ~ゼロから始める勇気~”にしました。

Blogのコンテンツ

このBlogでは、テクノロジー、ビジネス、語学、家族と自分の4つを軸に展開していく予定です。

テクノロジーは私が興味のあるIoTガジェットやAI, プログラミングなどについて書いていきます。ビジネスは私が興味あるスタートアップ企業やビジネスモデルの構築などについて書いていきます。
語学は私が20代から勉強してきた英語の勉強についてや、現在ゆるく勉強している中国語について書きます。テック、ビジネス、語学に関する能力は現代におけるビジネスパーソンの必須ツールと言っても過言ではないでしょう。IoTスタートアップやスマホ会社で得た最新ガジェットやITのトレンドに対する知見、経営戦略コンサルティングファームで触れたビジネス戦略に対する考察や転職を4回行ったことで見えてきたキャリア論、純ジャパながらMBA留学を叶えた勉強法や中国語の勉強についてなど、多くのビジネスパーソンが興味ある記事を発信していく予定です。

家族と自分では、生き方、スポーツ、料理、育児などのプライベートなことについて書いていく予定です。特に以前から男女共同参画化について関心があり、妻の妊娠をきっかけに、育児・保育問題、女性の再就職問題への問題意識が強まりました。ファミリーライフをテクノロジーの活用、とビジネス戦略の適用、および海外のベストプラクティスの導入で、いかに楽しく効率よくマネジメントしていけるかを書いていこうと思っています。

これからよろしくお願いします!

関連記事

  1. 家族と自分

    タイムバンクという新しい育児のあり方

    この記事では私が考える「育児 x タイムバンク」について記載します。…

  2. 家族と自分

    育児のルールを変えよう

    今回の記事では、日本における育児・保育の問題点とそれに対する解決方法を…

  3. 家族と自分

    なぜ保育・育児問題に興味を持ったか

    大学生ぐらいのときから国家間の数字の比較をすることが好きだった。朝まで…

  4. 家族と自分

    9割のママは孤独を感じている

    今日はTokyo Startup Hub Tokyoで行われた「孤独を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

  1. 家族と自分

    タイムバンクという新しい育児のあり方
  2. 家族と自分

    自己紹介
  3. 家族と自分

    育児のルールを変えよう
  4. 家族と自分

    なぜ保育・育児問題に興味を持ったか
  5. 家族と自分

    9割のママは孤独を感じている
PAGE TOP