家族と自分

自分へのルール (2018年9月バーション)

今年も9月になり、例年通りもう1つ歳を重ねた。僕はこの歳に 自分へのルール を更新するようにしている。

人は日常の中で様々な出来事に対して感情が揺れ動きながら、判断を行なっている。僕も例外なくその一人だ。その中で自分の人生に対する強烈な判断軸・プリンシプルがないと、判断がその時の快楽、悔しさ、悲しさ、嫉妬、焦り、といった一時的感情に支配されてしまう。

だから僕は毎年自分への10のルールを加筆・修正、更新することにしている。今年も1つ歳を重ねたこのタイミングでルールを更新しよう。

  1. 迷ったら自分が恐怖を感じる選択肢を取る。恐怖の先に手に入れたい理想が存在する。
  2. 初めてのことに挑戦し続ける。失敗しない自分よりも挑戦する自分を評価する。現状維持は衰退。
  3. 常に前向きな態度と笑顔を維持する。苦しさ、厳しさを楽しむ余裕を持つ。
  4. 消費ではなく生産を意識する。自分が世界に貢献することを考える。
  5. 地球レベルで考え、地球レベルで行動する。社会的不正義に立ち向かう勇気と行動力を持つ。
  6. 国家や会社に依存しない自立した個を目指す。もらうのではなく稼ぐ。
  7. 相手からのアプローチを待たず、自分から行動を起こす。空気は読むのではなく作り出す。
  8. 結果に責任を持つ。言い訳をしない。人のせい、環境のせいにしない。
  9. 時間の価値を重視する。最大の失敗は何もしないで時間を失うこと。
  10. ゼロになる勇気を持ち続ける。失うことを恐れない。

一瞬一瞬の選択が自分の人生に彩りを与えている。後悔しないような生き方をするために。

関連記事

  1. 家族と自分

    タイムバンクという新しい育児のあり方

    この記事では私が考える「育児 x タイムバンク」について記載します。…

  2. 家族と自分

    なぜ保育・育児問題に興味を持ったか

    大学生ぐらいのときから国家間の数字の比較をすることが好きだった。朝まで…

  3. 家族と自分

    自己紹介

    初めまして。 れい (@ray_moriya)です。Blog1記事…

  4. 家族と自分

    9割のママは孤独を感じている

    今日はTokyo Startup Hub Tokyoで行われた「孤独を…

  5. 家族と自分

    育児のルールを変えよう

    今回の記事では、日本における 育児 ・保育の問題点とそれに対する解決方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

  1. 家族と自分

    なぜ保育・育児問題に興味を持ったか
  2. 家族と自分

    自己紹介
  3. 家族と自分

    9割のママは孤独を感じている
  4. 家族と自分

    自分へのルール (2018年9月バーション)
  5. 家族と自分

    育児のルールを変えよう
PAGE TOP